ホーム

男性の象徴、大きいペニスは自信になります

厚い胸板に力強い腕、そしてダンディな髭…

男性を象徴するものはたくさんありますが、
その最たるものはオチンチン。
つまりペニス(penis)ですよね。

陰茎ともいいますが、
多くの男性にとって大きなペニスは憧れです。

10センチもあればSEXするには十分だとか、
大きすぎるペニスは女性が痛がるだけだとか、
いろんな意見があるわけですが、

結局のところ男ならばだれしも、
太く、そして長いペニスに憧れます。

それはきっと女性の胸やおしりと同じように、ペニスが男性を象徴するものであって、
「 自信 」「 力強さ 」 と密接につながっているからでしょう。

  • 股間を隠すことなく、堂々と銭湯に入りたい。
  • 彼女やパートナーに「おっきぃ…」、「奥まで当たる」といわれたい。

男っていうのはそういう生き物です。

ただ 「 チンコがでかい 」 というだけで、女性関係のみならず、
不思議と仕事やプライベート、生活のさなざまな面において自信がみなぎるものなのです。

< 売れ筋ランキング Best3! >

ランキング1位
パワーゲージ
安心の純国産性ペニス増大ポンプ。最高到達陰圧0.07~0.75メガパスカル、ゲージも日本製なので誤差が少ない。エンプラを使用することで耐久性の問題もクリア。日本人向けにシリンダーは6サイズ(3.8cm~)揃っています。購入者限定のメンバーズルームあり。
価格19,000円~
ランキング2位
プロジェクトXXL
ペニス増大メソッドが集約されたDVDマニュアル。男性器の構造を知るとともに、効果的にペニスを太く、長くするためのエクササイズ法が学べます。購入者限定のサポートフォーラム付き。
価格11,800円~
ランキング3位
アンドロヤマト V3
およそ半額で購入できるアンドロペニスの廉価版。ほぼ同じ性能を持った安心の純国産モデル。引っ張って伸ばすという原始的な方法ですが、医学的にも認められたペニス増大器具です。
価格15,800円

だれでもチンコ増大は可能です

このサイトでは男性器にコンプレックスがある方のために、ペニスを増大させるいくつかの方法をご紹介しています。

結論から言ってしまえば、
チンコをでかくするのは可能です。

しかもやり方次第ではかなり大きく。

もちろん遺伝などの要素もあるんでしょうが、
陰茎のメカニズム を知って、その仕組みにのっとった増大法を実践すれば、
誰でもペニスは大きくなります。

なぜそう言い切れるのか?
それは、わたしも実践者のひとりだからです。

それぞれ個人差はあるでしょうが、
理にかなった方法を正しく実践して、全く大きくならないというのは考えにくいです。

ペニスを大きくする3つのアプローチとは?

これまでペニス増大について、
いろいろと調査・実践をしてきた結果、

効果がある方法には、
大きく 「 3つのアプローチ 」 があることが分かりました。

そのアプローチには 「 自分の手だけで出来る方法 」「 器具を使う方法 」 とがあって、 さらにそれぞれの方法をハイブリッドすると相乗効果があったりもします。

自分の両手だけを使ったエクササイズでも十分にペニスを大きくすることが出来ますが、 器具を使った方が楽だし、装着するだけで手間がかからないというメリットもあります。

それぞれに特徴があって、またメリット・デメリットもありますから、
自分のやりやすい増大法を実践されるといいと思います。

ただし、どの方法を選んだとしても、ほんの数日で大きくなるということはありません。数ヶ月から年単位のスパンで、気長に取り組まれることをオススメします。

それでは以下に、ペニスを大きくする3つの方法をご紹介します。

【1】器具を使わずにペニス増大したいなら

< チントレ : 手を使って理想のイチモツに鍛錬するメソッド

チンチンを効率よく鍛えるチントレ法 手を使ってペニス増大に適した刺激を与えます。
いうなればチンコの整体であり、エクササイズともいえます。
おもに、お風呂場などで実践します。

長くしたい、太くしたい、カリ高の亀頭にしたいなど、
ペニスを自分好みに作るイメージです。

手を使ったチントレの詳細はこちら>>

【2】ペニスを長くしたいなら

< アンドロペニス : 医師も認める医療器具で切らずに長茎

チンポを引っ張って長くする医療器具 非常に簡単な理屈ですが、ペニスは引っ張れば伸びます。
これはホントです。

ただ一日中チンコを触っているわけにもいきませんから、
専用の器具を陰部に装着します。

それがアンドロペニスという牽引器具です。

アンドロペニスの詳細はこちら>>

【3】ペニスを全体的に大きくしたいなら(太く・長く)

< ミスターハイ : 電動式の増大ポンプで手間いらずの楽々吸引

電動吸引ポンプ式のペニス増大マシーン ペニスをシリンダーに挿入。
電動ポンプと連結させて吸引し、埋没している陰茎を効果的に引き出します。

また真空圧によって強制的に血液を流し込み、
海綿体や亀頭に蓄えられる血液量を増やします。

スポンジ状の海綿体にたくさんの血液が入れば、
それだけペニスは太くなります。

ミスターハイの詳細はこちら>>

どの増大法から実践したらいいか分からない・・・
という方は、こちらのページ をどうぞ。

ペニスに関する基礎情報と増大のポイント

陰茎(ペニス:penis)の役割と成長

ペニスは日本語で陰茎(いんけい)といいます。 そのほか男性自身や息子などと言ったりもしますし、おちんちん、チンコ、チンポ、イチモツなどとも呼びます。 官能的な表現をかりると、硬い漲り、青筋立った凶器、いけない坊や、乱れ棒なども男性器を表しています。 構造的には睾丸の上から突き出るような格好になっており、 いわば外性器であり、オトコにとって大事な生殖器に他なりません。 もちろんオシッコも陰茎を通って出ますから泌尿器も兼ねています。 これがペニスなわけですが、その役割を見てみると、女性の生殖器に挿入して、 自らの精子をオンナの体内に直接送り込むための器官となります。


さて、そんな男性器ですが、思春期の頃から第二次性徴によって5段階に分類される成長過程を経ると考えられています。 ペニスの成長がいつから始まるのか?については平均が11歳6ヶ月前後ということですので、 多くの男子にとっては小学校6年生くらいが成長のスタートと時期になります。 第1段階は幼児型や思春期前といわれるもので、よく見る赤ちゃんのオチンチンです。 ここから第2段階に移ると陰嚢や精巣が次第に大きくなります。これが思春期の始まりです。 そして第3段階から陰茎が長く太くなってきます。 第4段階における亀頭の発達を経て、最後、第5段階の成人型に到達します。 個人差はありますが、誰しもこのような成長過程を経てきているのです。

海綿体の強化がペニスを増大させるポイント

さて、男性が性的に興奮すると、陰茎と亀頭の海綿体が充血し、 いわゆる勃起という状態になるわけですが、このときは平常時と比べて、 長さも硬さもともに増しています。 なぜペニスが肥大するのかといえば、血が陰茎に集まってくるからです。 海綿体の内部では静脈洞が密集してスポンジ状になっています。 性的興奮をキッカケとして勃起は起こるわけですが、 そのときの血流量、亀頭や陰茎に蓄える血液の量を増やすことが出来れば、 それがすなわちペニスが増大した証です。 ペニス増大のイメージをするときに、風船のたとえがよく使われますが、 ゴム風船を膨らませる時、はじめは膨らますのが大変でも、 一度膨らましてしまえば、2度目以降は簡単に大きくなります。


ペニスの増大においても基本原理はこれです。 つまりチントレや増大ポンプ、アンドロペニス(切らない長茎)などの医療器具によって、 強制的にペニスへの血流量を増やしてあげる。 そうすることで陰茎や亀頭に蓄えられる血液量が増えますから、 結果として性器のサイズがアップするのです。 もちろん風船い空気を入れ続ければ、そのうち割れてしまいますから、 大切な男性器にそんなことがあってはいけません。 つまりペニスの状況を見ながら、限界の一歩手前のレベルに加減して、 トレーニングやエクササイズをすることが重要になります。

最新情報

ペニス増大ポンプのフグ対策
日本人向けのペニス増大プンプにはミスターハイやパワーゲージなどがあります。ちなみにミスターハイは電動ポンプ式で、パワ・・・

「ペニス増大ポンプのフグ対策」の続きを読む

ペニスのエクササイズをいつどこで行うか?
ペニスを鍛えるためのトレーニング、チントレと言い換えてもいいかも知れませんが、これをいつやるかもポイントですね。生活ス・・・

「ペニスのエクササイズをいつどこで行うか?」の続きを読む